忍者ブログ
終わっちゃいましたね。

ネットでの感想見ると
「最終決戦キュアハート一人で敵を倒したのが……」という意見が目につきましたが
実はこれが『ドキプリ』を的確に評した意見なのではないかと。

つまり本作はキュアハートの物語りだったな、と。

キュアハートこと相田マナは完成型主人公で優等生。

本来なら嫌味に映るタイプがそう見えない。
そのバランスが良かったと思います。

困った人をほっておけず、その心は鋼のように硬い。
最初から最後まで完成されていた主人公でしたね。

自分は成長する欠点のある主人公が好きですが、
こういうタイプもアリかな~、と。


またドキプリのすごい点は、「正しい事をしても受け入れられない」
点を描いた事でしょうか(ありすの回で語られてましたね)。

難点は(あくまで個人的には)他のキャラの存在感が薄い、という点でしょうか。
エースとレジーナの宿命の対決とか言われてもねぇ。

とにかくプリキュアの中でも好きな作品の一つになりました。

拍手

PR
最近のお気に入りは『ガリレオドンナ』と
『サムライフラメンコ』ですかね。
正直『IS2』がイマイチだったもんでww

あとグリマスもやってます。
ゴルフイベの百瀬のHR出ませんでしたが。

というかイベント頻繁すぎてキツイっすww

拍手


という事で久しぶりに絵を描いてみたり。
タイトルは一作目の主題歌からですが
池田鴻さんはもっと評価されてもイイと思うんですけど。

拍手

という事で『ガンダム ビルドファイターズ』の感想です。


面白いです。
『AGE』の反省も含めてか、
描きたいものがハッキリとしてるので見てて気持イイですね。
この作品見て「プラモ欲しい」と視聴者に思わせたら勝ちなんじゃないでしょうか。


バディ物にしたのも正解ですね。
かっての『ジョン&パンチ』や『ファントム無頼』を思い出します。

プラモ製作が上手くても操縦が下手なセイって設定はイイですね。
それっぽくて。

レイジも出生に何かありそうで、
単なるガンプラバトル物にしてないのも好感がもてます。

個人的には別正解、もしくは未来世界、宇宙世紀から来たのでは? と思っています。

基本的に「ガンダム」世界は人類が宇宙に進出して以降、
人類は戦い続けている訳で。

『ガンダム』でミハルが「あたしたちみたいな子をこれ以上出さないように」
と言う願いが虚しくひびく訳で。

もしレイジが宇宙世紀から来てると仮定したら
「少なくとも戦い続けてる世界以外に平和な世界もある」
との提示なわけで。


主題歌も本作のテーマを歌い上げていて好きですね。

今後に期待します。





拍手

ゴーダム、30年前の作品とは思えないほど面白いです。
家弓家正さんの声で喋るロボットって貴重じゃね?

あと『直球表題ロボットアニメ』見ました。

予想外に面白くマジ名作でした。
感想言うとネタバレになるので言えませんが
本当面白かったです。

拍手

プロフィール
HN:
みついひろゆき
HP:
性別:
非公開
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メールフォーム
ブログ内検索
最新コメント
バーコード
リンク
P R
アクセス解析
カウンター
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) C-BASE ブログ All Rights Reserved