忍者ブログ
『君の名は。』観てきました。

ネタバレ含んでますので以下のつづきに感想書いています

とにかく見終わった後の感想は「圧巻」の一言でした。

まず最初に思ったのは『君の名は。』が『ほしのこえ』の鏡写しになっていた事でしたね。

男女が距離が開いていく(物理的にも精神的にも)のを
当時の最新ツールであるメールで埋めようとする『ほしのこえ』に対し、
『君の~』はお互い知らない同士が今のツールであるスマホ(とそのアプリ)で
距離を縮めようとしていく。

結果も含めて諸々鏡写しになっているのが興味深い点でした。

また展開や小道具などに無駄が無い、点。
「え、そんな細かい物まで物語りを転がすガジェットだったの?」と驚かされました。

毎回言われてる事ですが、やっぱ背景描写は凄いですね。
あれだけでも観る価値あるかと。

あと明らかに細田守作品(特に『サマーウォーズ』)や『バタフライエフェクト』を
意識した点も見受けられますね。

正直言いたい事は山ほどあるし書き足りないんだけど『シン・ゴジラ』と一緒で
感情の方が高まってうまく文章に出来ないという。

本当イイ作品でした。

拍手

PR
プロフィール
HN:
みついひろゆき
HP:
性別:
非公開
フリーエリア
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
バーコード
リンク
P R
アクセス解析
カウンター
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) C-BASE ブログ All Rights Reserved